■ジャッジについて

HHIおよびHHIJAPANが主催する全ての大会は、HHIおよびHHI JAPANが認定する公式ジャッジにて審査が行われます。
HHIが今後とも継続して発展していくためには、参加する選手・クルーの育成も大事な要素ですが、大会を審査するジャッジの皆さんを育成し・生み出していくことも、同時に重要となってきます。

このページでは、HHIおよびHHI JAPANの公式認定ジャッジについて必要な事項について記載をしております。
ジャッジになってみたいという方もこのページからご覧ください

■なぜジャッジ制度を導入しているか

HHIおよびHHI JAPANが主催する大会の特徴の一つに、公式で明確な審査基準があることが挙げられます。これは、他のダンス大会とは一線を画している一つのポイントとなっており、この審査を正確に行うためには、HHIが行う大会のルールへの深い理解はもちろんのこと、ジャッジとして認定されるために、研修・トレーニングが必要不可欠なものとなっております。

■ジャッジになるためには

以下2つのコースを受講し、アメリカ本部から、ジャッジとして認定を受けることで、ジャッジになることができます。なお、この資格は、国内大会のみならず、全世界のHHIファミリーで有効となる資格であるため、場合によっては、別の国の大会や世界大会にジャッジとして招聘されるなど、HHIのダンスコミュニティーの中でも非常に価値のある資格となっております。

コース1:大会ルール・規定講習(Official Rules & Regulations Course)

  • 大会ルールや規定を学ぶ講習。クルーがどのように審査されるかやHHIの特殊な競技ルールを学ぶことができます。ルールを多くの人に広めることを目的としています。
  • ジャッジを目指していなくても受講可能(コーチ、関係者、選手なども受講可能)
  • 本講習の終了認定が、ジャッジになるためには必須条件となります。
  • 本講習受講後、コース2ジャッジ認定コースの受講が可能となります。
  • 講習は2日間、10時間のプログラムとなります。
  • 参加費は85ドル
  • 言語は英語で実施されます。

コース2:ジャッジ認定コース(Judge Certification Course)

  • どのようにジャッジされているかを知り、ジャッジとしての一歩を踏み出すための講習です。
  • HHIの国際審査員の認定は、世界中のダンスコミュニティーにて評価される指標となります。
  • 本認定を受けることで、HHIが実施する大会においてジャッジを担当することができるようになります。
  • 本認定を受けたからといって、ジャッジに必ず呼ばれるというわけではなく、ジャッジ候補として登録され、必要に応じて各国の予選大会や、日本の国内予選、世界大会の審査などのジャッジに招聘されます。
  • 講習は2週の連続した週末に1日(5時間)、合計2日間(10時間)開催され、最後に試験が行われます。
  • 参加費は150ドル
  • 言語は英語で実施されます。

■その他注意事項

  • 各自で本部の申し込みフォームから登録し、参加費のお支払いをし受講してください。
  • 申し込みフォームへのリンクは、下記イベント一覧の講習部分からご確認ください。
  • 受講される際は、HHI JAPAN事務局まで事前に一報いただけますと幸いです。
  • 受講完了の際、お手数ですが、HHI JAPAN事務局まで修了証のスキャンをお送りください。
  • 上記のお手続きを行なっていただけない場合、ジャッジとしての招聘ができませんので、必ずご対応をお願いします。
各コースの修了後に発行される、修了証のイメージ。こちらを必ず、HHI JAPAN事務局までお送りいただきますようお願いいたします。
PAGE TOP