WORLD HIP HOP DANCE CHAMPIONSHIPとは

HIP HOP INTERNATIONAL(アメリカ本部)が主催する、ストリートダンス・HIP HOP DANCEの世界最大級の大会。毎年8月にアメリカにて開催されており、2022年大会は、アリゾナ州フェニックスでの開催を予定している。(新型コロナウイルス感染拡大の関係で、現在大会開催方法については検討中)

本大会は、ジャンルとしてのHIP HOPを必ず踊らなければいけないというわけではなく、ストリートダンスのあらゆるジャンルを踊ることが許される。8月の本大会への派遣選手を決める、日本での国内大会は、毎年4月に、HIP HOP INTERNATIONAL JAPANによって運営されている。

本大会の開催目的

・世界中のストリートダンサーが交流し、レベル向上と国際感覚を養う
・世界各国の出場者がダンスを競技として競い、コミュニケーションを図る
・ダンス競技として、ルールを明確化し、厳密性を確立する
・老若男女問わず、安心して参加できる競技環境を作る。
・ストリートダンスの起源を大切にしつつも、新しいスタイルを受入れ挑戦することでリスペクトの心と、想像力を養う。

大会の特徴:とにかく公平な採点基準!

・53の国と地域(2021年4月現在)が加盟する世界最大級のストリートダンス世界大会
・全世界共通の同一規定・基準で行われる公平性とフェアな審査
・ストリートダンスのあらゆるジャンルを扱う
・ジャッジ(審査員)による採点の詳細が公表される

HIP HOP INTERNATIONALについて

2002年、Howard Schwartz(ハワード・シュワルツ)氏によって設立された団体。ストリートダンス分野において、パフォーマンスと技術を評価する、国際共通基準を設定し、それらを用いて競う、世界大会(WORLD HIP HOP DANCE CHAMPIONSHIP)を立上げた。

この基準は、瞬く間に世界中に受け入れられ、2021年現在、53の国と地域から参加がある、世界最大級のストリートダンスの世界大会へと発展している。

PAGE TOP